俳優

大森南朋は韓国籍って本当?【結論:噓】理由:父親は俳優の○○さんだから

  • 大森南朋は韓国籍って本当?
  • 大森南朋の父親は有名人なの?
  • 大森南朋のおすすめ作品を知りたい!

あなたは、2007年のドラマ『ハゲタカ』で、主演を務めて知名度が急上昇した大森南朋さんをご存知ですか?

今回は、大森南朋さんが韓国籍かどうかの真相や父親の情報、そして、詳しいプロフィールなどを紹介していきます。

この記事を読むと、大森南朋さんが韓国籍かどうかの真相や、彼の意外な素顔を知ることができますよ。

ぜひ最後まで読んでくださいね!


大森南朋のプロフィール

大森南朋のプロフィール
  • 【名前】大森 南朋(おおもり なお)
  • 【生年月日】1972年2月19日(50歳)
  • 【出身地】東京都
  • 【血液型】A型
  • 【身長】178cm
  • 【事務所】アパッチ

大森南朋さんは、1993年に映画『サザン・ウィンズ 日本編 トウキョウゲーム』で、芸能界デビューしました。


そして、2007年のドラマ『ハゲタカ』で、主演を務めて知名度が急上昇。

『ハゲタカ』では、日本アカデミー賞・優秀主演男優賞に選出されました。

その後は、『東京プレイボーイクラブ』『R100』『捨てがたき人々』など、様々な作品で主演に抜擢されています。

2017年には、映画『THE OUTSIDER』に出演することが決まり、ハリウッド映画デビュー。

日本だけではなく、海外でも活躍したことがある俳優さんなんですね!


大森南朋は韓国籍って本当?

大森南朋さんは、韓国籍であるという噂がネット上にあるので、調査してみました。

調査の結果、韓国籍であるという正確な情報は、一切見つかりませんでした。

韓国籍であるという噂は、大森南朋さんが主演を務めたドラマ『サイン-法医学者 柚木貴志の事件』が原因であると考えられます。

ドラマ『サイン-法医学者 柚木貴志の事件』は、2011年に韓国で放送されたドラマのリメイク版で、最高視聴率25.5%の人気作でした。

韓国で放送されたドラマのリメイク版なので、『大森南朋 韓国』というワードが良く検索されるようになったのでしょう。

そして、『大森南朋 韓国』というワードを見た人が、”大森南朋さんは韓国籍である”と勘違いしたことが推測できます。

そもそも、大森南朋さんは父親が日本の有名俳優なので、韓国籍の可能性は限りなく0に近いです。

大森南朋が韓国籍という噂はデマ!父親は有名俳優!

「大森南朋 父親」というキーワードで、ネット上で良く検索されているので、大森南朋さんの父親について調査しました。

大森南朋さんの父親は、同業の俳優・麿赤兒(まろ あかじ)さんです。

麿赤兒(大森南朋さんの父親)のプロフィール
  • 【名前】麿赤兒(まろ あかじ)
  • 【生年月日】1943年2月23日(79歳)
  • 【出身地】石川県
  • 【血液型】俳優・演出家・舞踏家
  • 【身長】170cm
  • 【事務所】キャメルアーツ

父親の麿赤兒さんは、破天荒な人で「アングラの怪人」という異名を持っています(笑)

麿赤兒さんは、俳優として有名ですが、本職は舞踏家です。

5回も舞踏評論家協会賞を受賞したことがあるほどの実力者。最近では、2021年に文化庁芸術祭賞大賞受賞も受賞しています。

大森南朋さんの演技力の高さは、父親・麿赤兒さんの遺伝子を受け継いでいるのでしょう。

ここからは、大森南朋さんのファンの方のために、彼のおすすめ作品を厳選して2つ紹介していきます!


大森南朋のおすすめ作品①ハゲタカ

大森南朋さんのおすすめ作品1つ目は、『ハゲタカ』です。

『ハゲタカ』とは、天才ファンドマネージャー(通称:ハゲタカ)・が日本企業に次々と買収を仕掛けて、企業を「再生」させていく姿を描いたドラマ。

大森南朋さんは、主人公の鷲津政彦を演じています。

本作品で、大森南朋さんは、大勢の豪華キャストに囲まれながらも、存在感がすごくありました。

そして、臨場感あふれる表情や細かい仕草などを、完璧に演じていました。

また、本作品はスリル満点の作品で、最後まで結末が全く読めない、ハラハラするストーリーとなっています。

経済ドラマなので、難しそうな印象でしたが、実際はスムーズに理解できるストーリーです!

大森南朋さんが一躍有名となったドラマ『ハゲタカ』を、ぜひ一度視聴してみてくださいね☆

大森南朋のおすすめ作品②東京ボーイズクラブ

大森南朋さんのおすすめ作品2つ目は、『東京ボーイズクラブ』です。

『東京ボーイズクラブ』とは、 行き場をなくした者たちが集まるサロンにたどり着いた男が、トラブルに巻き込まれる様子を描いたストーリー。

大森南朋さんは、主演の”勝利”という血の気が多い男を演じています。

本作品で大森南朋さんは、クールな役を演じているのですが、「かっこよすぎ!」「スーツ姿が似合いすぎ!」との声が多くありました。

また、映像やBGMが臨場感あふれていて、非常にかっこよく映画への強いこだわりが感じられる作品でした。

大森南朋さんのクールでかっこいい演技が見たい方は、『東京ボーイズクラブ』を視聴してみてくださいね☆

大森南朋さんの韓国籍の真相や父親の情報:まとめ

本記事では、大森南朋さんの韓国籍かどうかの真相や父親の情報、そして、詳しいプロフィールなどを紹介しました。

大森南朋さんが韓国籍であるという情報はデマ。

父親は、同業の俳優・麿赤兒(まろ あかじ)さんということがわかったと思います。

今後も、大森南朋さんの活躍に注目しつつ応援していきましょう!