アイドル

畑芽育はハーフではなくてクォーター!気になる本名やおすすめ作品も紹介☆

あなたは、ハーフみたいでかわいいと話題になった、畑芽育さんをご存知でしょうか?

本記事では、畑芽育さんがハーフなのかの調査結果を、発表していきます。

この記事を読むと、畑芽育さんの意外な素顔を知ることができますよ☆

記事の後半では、気になる本名や彼女のおすすめ出演作品も紹介しています。ぜひ最後まで読んでくださいね!


畑芽育のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

畑芽育(@mei_hata_official)がシェアした投稿

畑芽育のプロフィール
  • 【名前】畑 芽育(はた めい)
  • 【生年月日】2002年4月10日
  • 【出身地】東京都
  • 【血液型】O型
  • 【身長】152cm
  • 【事務所】研音

畑芽育さんは、1歳から芸能活動を開始し、物心がついたときには仕事をしていました。


10歳くらいまでは、何となく仕事をしていましたが、中学生のころからレッスンやオーディションを積極的に受けるようになったそうです。

小学6年生のときには、Pocchimoというアイドルグループで、Meiという名前で活動していました。

最近では『女子高生の無駄づかい』や、大河ドラマ『青天を衝け』、『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』などの人気作品に多数出演しています。


畑芽育はハーフなの?

 

この投稿をInstagramで見る

 

畑芽育(@mei_hata_official)がシェアした投稿

畑芽育さんは、色白で整った顔立ちなので「ハーフなのでは?」と思った方もいるでしょう。

ハーフ説を調査したところ、畑芽育さんはハーフではなく、クォーターであることが判明。

日刊サイゾーという、芸能サイトで紹介されていたので、クォーターというのは正確な情報です。(参考元:日刊サイゾー

日刊サイゾーによると、畑芽育さんの祖父がアメリカ人とのこと。

白い肌にブラウンの大きな瞳は、アメリカの血が入っているからなんですね☆

畑芽育はハーフではなくクオーター!英語はうまいの?

 

この投稿をInstagramで見る

 

畑芽育(@mei_hata_official)がシェアした投稿

畑芽育さんはハーフではなく、クォーター。

祖父がアメリカ人なので、英語が話せると思った方もいるでしょう。

しかし、畑芽育さんの英語のレベルは、中学生レベルとのことです。

HUSTLE PRESSという芸能サイトで、「英語が得意なのか?」とインタビューされ、以下のように回答していました。

「学校で好きな教科ではあります。私はおじいちゃんがアメリカ人でクオーターなので、『英語はしゃべれるんでしょう?』と期待されますけど、全然そんなことはなくて(笑)、中学で習う英語くらいの会話しかできません」。(引用元:HUSTLE PRESS

見た目がハーフのようだと、英語が話せることを期待してしまいますが、あまり話せないんですね(笑)

しかし、帰国子女役を務めた際に、英語検定準1級を目指して頑張っていたこともあります。

畑芽育さんは、まだ若いですし、今後英語が上達する可能性もありますね!


畑芽育は本名なの?

 

この投稿をInstagramで見る

 

畑芽育(@mei_hata_official)がシェアした投稿

畑芽育さんは名前が珍しいので、本名なのか気になった方も多いでしょう。

調査の結果、下の名前「芽育(めい)」は、本名であるとわかりました。

2018年に「HUSTLE PRESS」というサイトで、紹介されていたので正確な情報です。

「芽育(めい)」が、本名か質問された際に、以下のように回答していました。

「そうです。私は5人きょうだいの末っ子で、全員お母さんが名付けてくれて、お父さんに選択権はありませんでした(笑)」。(引用元:HUSTLE PRESS

名づけ親は、お母さんだったんですね☆

小学生のときには、Pocchimoというアイドルグループで、Meiという名前で活動していました。

本名で活動するということは、自分の下の名前を気に入っているということかもしれません☆

そして、名前の意味や由来についても調べたのですが、ネット上には情報が全くなかったです。
また、名字についての情報も、見つかりませんでした。

そのため、名字の「畑」が本名かは不明です。

ここからは、一年間に300本以上のドラマ・映画を見ている著者が、畑芽育さんのおすすめ作品を1つだけ紹介していきます!

畑芽育のおすすめ出演作品『女子高生の無駄づかい』

畑芽育さんのおすすめ作品は『女子高生の無駄づかい』です。

『女子高生の無駄づかい』とは、個性のある女子高生たちが、高校生活を無駄に浪費するコメディ。

畑芽育さんは、見た目が幼く見える反抗期の「ロリ・ 百井咲久(ももい さく)」を演じています。

ロリは主人公ではないのですが、ドラマのレビューサイトでは「ロリが一番かわいい!」との声が多くみられました。

本作を演じるにあたって、畑さんは「私自身も小中学生のころは『赤ちゃんみたいだね』と周囲から言われていたので、ロリの気持ちがわかりました」と言っていました。

ロリは、彼女にとってはまり役だったと思います。

かわいい見た目と言葉づかいのギャップに、癒やされること間違いなしです!

畑芽育さんのファンの方は、一度『女子高生の無駄づかい』を視聴することをおすすめします☆

畑芽育のハーフ説と本名の調査・おすすめ作品:まとめ

本記事では、畑芽育さんのハーフ説と気になる本名・おすすめ作品を紹介しました。

  • 畑芽育さんはハーフではなく、クォーター。
    ※祖父がアメリカ人
  • 「芽育」という下の名前は、本名。上の名前が本名かは不明。
  • おすすめ作品は『女子高生の無駄づかい』。

上記のことがわかったと思います。

今後も、彼女の最新情報をチェックしながら、みなさんで応援してきましょう!